06.ガイドラインを構造的に理解しておく

 そろそろ、ガイドラインを構造的に理解しておく段階です。各論があったり、区分があったり、あれこれわかりにくい部分もありますので、マイナンバー掲示板でそれを図解してすっきり整理しておきます。

マイナンバー管理の全体構造図

情報の流れ
取得 > 保管 > 利用 > 提供 > 開示/訂正/利用停止 > 廃棄

こちらについては、「情報の流れ」「その局面」として捉えます。ガイドラインではこの局面毎に「しなくてはならないこと、してはならないこと」を定義しています。たとえば、「取得」で言えば、事前に目的の通知を行ない、本人確認をきちんとすることなどが定義されています。ですので、局面別に「手順・ルール」をマニュアル化しておかなければならないわけです。